永里優季の名言・格言20選|心に響く言葉

永里優季のプロフィール

永里優季(ながさと ゆうき)
・1987年7月15日生まれ,神奈川県厚木市出身。
・女子サッカー選手,主に海外で活躍。
・FIFAワールドカップにおいて日本代表選手として活躍。
・ロンドン五輪で日本の銀メダル獲得に大きく貢献。

Wikipedia

永里優季の名言・格言 20選

(1) 良くも悪くも自分の思考が引き寄せる。受け入れる、手放す。この連続で自由を感じられる。

~永里優季~

(2) 試しながら進むというのは、最初は効率が悪いし生産性も低いですが、これを何年何十年も繰り返しながらやっていると取捨択一の質が上がっていく。

~永里優季~

(3) 執着がなくなると、自分や事実を受け入れることが容易くなる。

~永里優季~

(4) 急がば回れということわざがあるように、時間をかけて丁寧に積み重ねたものは、ちょっとやそっとの地震が起きても揺るぎませんし、新しいことへの挑戦を容易くしてくれます。

~永里優季~

(5) 時間軸、空間軸、他人軸に縛られず、自分軸で生きる。

~永里優季~

(6)(海外では)自分の個性・特性を表現しながら周りに合わせることができないと正直厳しい。

~永里優季~

(7) 感性と個性を磨く。そして互いにそれを組み合わせる。

~永里優季~

(8) 勝敗という概念を超越した先にある表現の世界はとても平穏で、魂が奏でる自然体をもたらしてくれる。

~永里優季~

(9) 選手としての成長って技術だけでなくて、立場によっていろんな経験ができる。

~永里優季~

(10) プレーヤーとしての成長はマストだけど、それプラス自分は女子サッカー界の為、社会の為にどんなバリューを提供できるかっていうこと。

~永里優季~

(11) 考えること、感覚でやる、適当にやることのバランスが大切だなと感じる。

~永里優季~

(12) 怠ってしまったら、確実に進化は止まってしまう。

~永里優季~

(13) 海外は大胆なものを好むので、日本人独特の繊細さは武器になる。

~永里優季~

(14) 人の本質は、魂にあるのではないか、と。

~永里優季~

(15) 自分の持っている経験と知識で限界を感じた時、はじめて他人に助けを求めます。

~永里優季~

(16) 1日24時間の中で、どれだけの時間を自分だけにとにかく集中し、自分の内部だけに意識を向ける作業をしているか?。

~永里優季~

(17)「価値」を測る自分の「モノサシ」を持っていますか?そのモノサシを、日々磨いていますか?。

~永里優季~

(18) 心地よい場所はあった方がいい。 たまに、心地悪い場所へ行くといい。 そんな環境の変化は、時に成長を促進する。

~永里優季~

(19) サッカーは芸術的なもので、数字だけでは測れないものがたくさんあって、戦術やシステム、パターンという「枠」があるから、そこに互いの共通認識が生まれ、創造性が発揮されます。

~永里優季~

(20) サッカー選手でありながら、アーティストだという見方をしてくれる人が増えるプレーが理想です 。

~永里優季~