堤幸彦の名言30選|心に響く言葉

目次

堤幸彦のプロフィール

堤幸彦(つつみゆきひこ)
・日本の演出家、映画監督。
・オフィスクレッシェンドの取締役。
・大作映画を多く手掛けるものの長らく日本の主要映画賞とは無縁であったが、2015年に『天空の蜂』『イニシエーション・ラブ』の異なるタイプのエンタメ作品2作を手がけた手腕が評価され第40回報知映画賞監督賞を受賞した。
Wikipedia

堤幸彦の名言30選

(1) お金を払って観ていただく映画はすべからく商業作品ですし、娯楽度が高いのも映画のひとつの価値だと思っています。それと同時に、映画はどこかで社会の合わせ鏡だという意識もあります

~ 堤幸彦 ~

(2) 予算の大小や映画、テレビに関係なく、常にどの作品でも、悩み苦しんで最終的な部分に到達しようとやっています。予算や条件に差があっても、行けるところまで突き詰めるという姿勢は絶対に変わらないですね

~ 堤幸彦 ~

(3) 自分は決して芸術家ではないという部分が忘れてはいけない立脚点としてあります。だから、色々なものに挑戦できるのだと思います

~ 堤幸彦 ~

(4) 僕も今年で60歳ですし、自分の死生観を反映した作品や社会問題を見据えた作品も作りたいという気持ちがあります。それをなおかつ、お金を払って観ていただく作品に仕上げるということも常に心掛けていきたいですね

~ 堤幸彦 ~

(5) どんなにひどく、寂しい状況だったとしても、次の人生を決めるような出会いは必ずあるんです

~ 堤幸彦 ~

(6) どんな逆境でも楽しめることじゃないですかね。楽しめる人がプロフェッショナルだと思うし、僕自身もずっと楽しみ続けたい。楽しみを見つけたい。そう思っている。楽しむという事がプロフェッショナルの基本だと思います

~ 堤幸彦 ~

(7) ファッションって、興味がないと維持できないし、広がらないもの

~ 堤幸彦 ~

(8) 若い人たちにいつも言うんです。まずは20代のうちに、「これが私です」と言えるものをつくっておけと。そして、どんなにひどく、寂しい状況だったとしても出会いに目を見開いておけと

~ 堤幸彦 ~

(9) 悪いことするなって言ってるんじゃない、ダサいことするなって言ってるんだ

~ 堤幸彦 ~

(10) 『ケイゾク』はひとつの作品として、私のなかで完全燃焼感がありました

~ 堤幸彦 ~

(11) 『結』の撮影中は、自分の処理能力を確実に超えた内容に何度も思考が停止し、『オズの魔法使い』のように頭がブリキ化する瞬間が多々ありました(笑)

~ 堤幸彦 ~

(12) 今年後半は仕事が忙しくまったく学問に手がつかなかった。駄目である。来年はもっと駄目っぽいが「長~い計画」で乗り切りたい。自分の机の横に積み上げられた本が寂しく私を見つめるのだった

~ 堤幸彦 ~

(13) 果たしてワタシに問題意識を「文書化=視覚化」する論理と準備と気合いと客観性があるか。そもそも考察に値する問題意識があるのか?とにかく本を読むことだ。先人の研究に触れることだ

~ 堤幸彦 ~

(14) 対象と向き合い多角的に考察しその上で見解を出す

~ 堤幸彦 ~

(15) 仲間と共に街を愛し「何かを伝えよう!残そう」という気概があれば映画作りは可能だということを証明した。素晴らしいことだ。参加できて光栄だ

~ 堤幸彦 ~

(16) 作品にはそれぞれの「使命」みたいなものがあって、それがわかると気負いが産まれたり、逆に楽になったり、そのプロセスそのものを楽しめるようになる。「ツボ」を得たり・・ということか。

~ 堤幸彦 ~

(17) ぼやいていてもしょうがないから明日明るくなれるように、アレ、「明日」は「明るい日」と書くのか、なるほど、今日も悔いなく働くぞっ

~ 堤幸彦 ~

(18) 体のパーツを細かく動かしていないと本当に自由に動けなくなる。デジタル撮影が進化すると一日全く動かなくていい

~ 堤幸彦 ~

(19) 残念ながら、昔は仕事が楽しいと思えませんでした

~ 堤幸彦 ~

(20) たとえば、クルマを運転していて渋滞していたら、普通はイライラしますよね。でもその間に、好きな音楽をたくさん聴けると思うと、渋滞もまた楽しくなるはずです。それくらい心に幅を持たせて、仕事に取り組んだ方がいいのではないでしょうか

~ 堤幸彦 ~

(21) やる気の源は、どんなことでも「面白れぇー」と思うことです

~ 堤幸彦 ~

(22) サザンオールスターズやツイスト、ゴダイゴといった同世代のミュージシャンの活躍は、とても励みになりました。ジャンルは違うけれど、彼らの活躍を見るにつけ、「俺にも希望があるかもしれない」とずっと思っていました

~ 堤幸彦 ~

(23) 悪戦苦闘しているのは、今でもまったく変わらないんです

~ 堤幸彦 ~

(24) 生来のあまのじゃくな性格もあって、他の人がつくるような映画はつくりたくないという思いも、いつも持っています

~ 堤幸彦 ~

(25) 会社員を取り巻く環境はここ数年、確かに厳しいと思います。でも僕は、若い人にはあえて10年くらい棒に振ってもいいんじゃないかと言いたい。もちろん、僕のように生きるのがいいというつもりはもちろんないけれど、地を這うようにもがいている間に、人に譲れないものをひとつでも見つけられたら、それは大きな財産になります

~ 堤幸彦 ~

(26) 僕の原点は20代前半にこそあるといまでも思っています

~ 堤幸彦 ~

(27) 何でもいい。何かしらのものを見つけられたのなら、棒に振った年月は決して無駄にはならない。その何かをもとに、それからの10年、20年を自分の足で存分に歩いていけばいい

~ 堤幸彦 ~

(28) 僕の知る限り、一流の人は、ほとんど例外なく謙虚です。人にぞんざいに接している人は、最初は調子がよくても、人間関係の中で徐々に姿を消していっています。いい仕事をするには最低限、常に謙虚に素直でいることが必要でしょう

~ 堤幸彦 ~

(29) 自分は芸者であるとも思っています。芸者はお座敷に呼ばれるために芸を変えていかなければならない。飽きられてしまうから、頭も身体も常に鍛えておかないといけません。天狗になんかなっていられないですよ

~ 堤幸彦 ~

(30) 僕は自分の仕事をサービス業だと思っているんです。サービス業ですから、お客さんに喜んでいただかないといけない

~ 堤幸彦 ~

イチロー   長嶋茂雄

王貞治   野村克也

落合博満   星野仙一

桑田真澄   松井秀喜

ダルビッシュ有   大谷翔平

柳田悠岐   坂本勇人

メッシ   イブラヒモビッチ

ネイマール   本田圭佑

三浦知良   中田英寿

長谷部誠   長友佑都

コービー ブライアント   田臥勇太

マイケル ジョーダン   レブロン ジェームス

松岡修造   大坂なおみ

錦織圭   ロジャー フェデラー

ウサイン ボルト   大迫傑

カール ルイス   高橋尚子

北島康介   池江璃花子

浅田真央   羽生結弦

メイウェザー   モハメド アリ

吉田沙保里   千代の富士

タイガー ウッズ   石川祐希

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる